外科病棟(一般・心臓血管・脳神経・整形ほか)の概要と特色

循環器科・心臓血管外科の病棟では、急性期から慢性期疾患の診察・治療から退院支援までと幅広く患者さんやご家族と関わっています。

高齢者の増加に比例して、心筋梗塞や狭心症などの心疾患による入院患者様も増えてきています。心臓カテーテル検査は毎日実施しており、心臓血管外科手術を受けられる患者様もいます。

心臓病の再発予防し、心臓の機能を維持し円滑な社会復帰を実現するための退院前生活指導にも尽力しています。病棟では、循環器科医師による勉強会を定期的に行い、知識の向上に努め、患者様へのより良い医療の提供を目指しています。

整形外科と形成外科の病棟における患者様の大半は高齢者がですが、乳幼児や子供の入院もあります。手術の範囲は脊椎、外傷や転倒による骨折、人工関節置換術など、多岐に渡っています。

術前術後の周手術期やリハビリ期の看護、手術後の生活様式の変更に伴う指導など急性期看護から日常生活援助まで、看護師には幅広い援助技術が求められます。

脳神経外科、眼科、耳鼻咽喉科は混合病棟です。脳神経外科には、生命の危機と隣り合わせの急性期から、リハビリ目的の転院を控えた慢性期の患者様がおります。眼科・耳鼻咽喉科では、白内障や咽頭手術を受け、短期間の入院で退院される患者様が多くおります。手術への不安は強く、患者さまの気持ちをよく聴き、不安を軽減できるよう常に心がけています。

外科(消化器、乳腺、血管、呼吸器外科)および形成外科の病棟には主に手術を受ける患者さまが入院しています。患者さまやご家族の希望や不安に耳を傾けながら、術前は手術に向かう患者さまの不安をできるだけ軽減し、術後は早く日常の生活に戻れるように援助しています。高度化、複雑化している医療現場の中で専門的な知識を求められ、悪戦苦闘することもありますが、スタッフ一同頑張っています。

病院の雰囲気や研修医の実際の生活を知るためには施設見学が重要

全国から研修医が集まる病院の臨床研修では、教育に熱心な指導医の下、自分で何が求められているかを考え、行動に移すことで患者を診る基本的な姿勢や手技を体得できます。

外科では、縫合やドレーン管理などの外科処置の習得、周術期の患者を通して、患者の状態を的確に把握し、患者のわずかな変化も見逃さずに対応できるようになることが研修の中心となります。

内科では消化器科、呼吸器科、血液内科を中心とした豊富な症例を経験でき、中心静脈穿刺、上部消化管内視鏡検査などの手技を経験することができます。

循環器科では実際に自分で心臓エコー検査ができるようになることで、循環動態を把握することが可能になります。またカテコラミン系の血管作動薬の使用や除細動の適切な使用などを習熟することができます。

麻酔科では100例近くの気管挿管を経験でき、術中の麻酔管理を通して輸液の基本や、人工呼吸器の使用法が身に付きます。医療圏で有数の中核病院ですので、救急においても一次から三次まで豊富な症例数を経験できます。様々な大学出身の研修医がいて、忙しい中でも仲間たちと切磋琢磨しながら楽しめる充実した環境です。

マッチングの病院選びで悩んでいる医学生の方は、実際に研修医を間近で見て、一緒に1日を過ごしてみれば、自分なりの研修医像が見えてくると思います。それに加えて、病棟の雰囲気、指導医の熱意、コメディカルの人柄、病院の地域性などを含め、自分の理想に近い病院を最終的に選ぶのがベストではないでしょうか。

Copyright© 2014 gunma-u-surgery2.com